IGELKOTT handmade bags

Text Size : A A A
スウェーデンのプリントです。
この、描くのを途中でやめてしまったような、
抜けた雰囲気が好きです。
スウェーデンのプリントが全部そうだというわけではなく、
緊張感に満ちた凛としたものももちろんあるのですが、
このプリントのような、
ちゃんとデザインされているんだけれども
のほほんとしたゆるい感じを出しているものが、
個人的には好きです。
「かっこいい」とか、「美しい」とかいうのとは違う、
大人の「かわいい」。
人間でもそういう人は素敵だなと思います。
Img20090201200438
Img20090202185017
庭木などにもよく使われる
ヒメシャラの実です。
白い花もきれいですが、
この実のかたちは大好きです。
地味な色ですが、よく見るとほんとにおもしろいかたち。
こういうのを見ると
つい手にとってポケットに入れてしまいます。
でも、それでは小さい子供みたいで
ちょっと恥ずかしいので
バッグのモチーフの参考に、
と言い訳して持って帰ります。

結局、持って帰るんかい!!(笑)
Img20090202190939
2月は予定がいっぱいで忙しいです。
明日から3日間留守にします。
で、帰ってきて1日置いて
8日から21日まで旅行です。
そのあいだ、この日記はおやすみ....ではないです。
実はこのホームページには、
携帯電話から写真と文章を送信できる機能があるのです。
すごい!!
というわけで、留守中の日記は mobile のページにて。

UPしてなかったら、
ケータイ音痴のワタシを笑ってやってください。

昨夜、東京から帰りました。
3日とも、夕食はいろんな人と楽しくお食事でした。
ワタシのために忙しい時間を都合してくださった方々、どうもありがとう!!
待っていてくれて、会えたことを喜んでくれる人がいるって、
しあわせだな~と、しみじみ....

そして、あしたから2週間、デンマークとアイルランドに行きます。
今回から、新しいトランクです。
前からほしかったアルミ製!!やっぱり軽いです。
きっとすぐボコボコになると思うので、へこみがないうちに記念写真。

というわけで、明日からまた、日記は mobile のページにて。
海外からの日記送信、ちゃんとできるかなぁ。

Img20090207215329
Img20090222180841
デンマークはクロスステッチの国です。
花糸刺繍という独特のきれいなクロスステッチが盛んです。
アンティークショップでも
よく探せばクロスステッチのテーブルクロスや壁飾りがみつかります。
みんな、売り物として作られたものではなく、
家庭で自分たちが使うために作られ、使われてきたものです。
ショップのディスプレイ用に少し買って帰ろうと思って
物色しはじめたらとまらなくなって、
いっぱい買ってしまいました。
写真はほんの一部です。

・・・売るほどあります・・・ (・・;)
知人がホームステイしていたゴールウェイのお家で出会った
ティーポットです。
ぴったりサイズのポットカバーを着せてもらって
幸せそうな顔してるでしょ。
すぐにお友達になって
POTTYって勝手に名前までつけちゃいました。
Img20090223193235
Img20090224231900
コペンハーゲンのアンティークショップで見つけた
クロスステッチの手作りバッグ。
かなり使い込まれたらしく、あちこち擦り切れていて
汚れも少しあるのですが、
刺繍の部分は無傷です。
刺繍のところだけ使って、
バッグを作ってみようと思っています。
どんなのができるか、楽しみです。
今日はワタシの誕生日です。
なので、今までにもらったプレゼントの中で
現存する最古のものを写真に撮りました。
8歳の誕生日にお友達からもらいました。
おとなになってからは
「お人形」のかたちをしたものは
あまり好きではなくなってしまいましたが
これは今でも大好きで、とても大切にしています。
ワタシの、うれしいことも悲しいことも
すべてこのコが
このまんまるの目で
だまってずっと見ていてくれました。
Img20090225202731
Img20090226233331
たぶん同じグラスです。
触ってみるとガラスの厚さが均一ではないので、
手吹きだろうと思います。
片方は、1年くらい前、私が働いている店に
スウェーデンのヴィンテージ食器として1個だけ入荷したものです。
小さめの大きさとすっきりした形が好きで買いました。
もう片方は、先日の旅行の時、マルメのアンティークショップで
これも1個だけ棚の隅っこにあるのを見つけました。
あ、おなじだ!と思ったら、
つい買ってしまいました。(笑)

Img20090227191053
改装している建物のSHOPになる部分です。
この木の窓枠が気に入らなくて、ペンキで白く塗ってほしいと言いました。
みなさん、なんで?このままで素敵じゃない。と思うでしょう?
内装デザインをお願いしているSさんにも、「このままのほうがいい」と何度も言われました。
でも、うまく説明できないけど、これじゃいやなのです。
とうとう、白く塗ることで押し切ってしまいました。
なんでワタシは、このままでいいと思えないんだろう。
とても尊敬しているSさんに逆らってしまったことも、
みんなと同じようにこのままでいいと感じられないことも、
悲しいです。
我を通してしまったあとはいつも、悲しくて寂しいです。
なんでこうなんだろうなぁ。
Img20090228183043
旅行の前、寒い中でフェンスのペンキ塗りをしたとき、
勢いあまってベンチも塗りました。
このベンチは前の方が残して行かれたもので、
もともとは木の色そのままでした。
雨に濡れて透明の塗装がはげたりして
かなり傷んでいたので
フェンスを塗るついでに塗りました。
家に残っていたライトグレーのペンキを塗ったら、
なんだか「よそゆき」を着ておすまししているコみたいになりました。