IGELKOTT handmade bags

Text Size : A A A
ディスプレイ用の多肉植物が
どんどん伸びるので
ときどき見栄えが悪くない程度にカットします。
カットした枝や葉っぱを
捨てるのがかわいそうなので
いらない空き缶に土を入れて挿しておくと
ちゃんと根付きます。
その空き缶の多肉植物もどんどん伸びます。

・・・キリがないです。(困)


空き缶むき出しのままでは
店に飾るにはあんまりなので
今日、ハギレを巻きつけてみました。
けっこうかわいいじゃない?
布の色柄で雰囲気がガラッと変わるので
布選びがおもしろいです。
こんなことをして遊んでいれば
いつでもゴキゲンです。(*^_^*)
Img_4af60b51a14a937b44e34f1690352e335607a099
Img_549442cdcde2594ca9b8d861826b4b676a45cde8
Img_17700477127ed4a9d362c9b2e53c7355ac1c2002
この、大きいサイズのバッグは
ず~っと定番で作り続けている形なのに
今まで名前がありませんでした。
あまりに定番すぎて
名前をつけそびれたみたいになっていたのです。
4月の芦屋でのコラボ展のとき
いつも見に来てくれるY君が
「このバッグには名前ないの?じゃあ、スクエアバッグはどう?」
と言ってくれたので
「それ、いただきます!」(笑)
てことで、これ、「スクエアバッグ」っていう名前になりました。
Y君、名前つけてくれてありがとう!!

浴槽の中でお湯につかっているのは、バッグに使う帆布です。
この生成りの帆布は生機(キバタ)といって
織り器から外したままの
染色や仕上げの加工をしていないものを買っているので
機械にかけるために糸につけた糊や
織るときに付いた機械の油などがそのままになっています。
ですからこうやってひと晩お湯につけた後、洗濯機で洗ってから使います。
染色したものは仕上げ加工をしてありますからそのまま使ってもいいのですが
仕上げの糊がとても強くて布がバリバリした感じなので
やっぱり同じように一度洗って糊を落としてから使っています。
水を含んだ帆布はとても重くて扱いづらいので
洗うのは一度に5メートルずつにしています。

Img_6b84961b5fb734780a2eb639a321a96a42380b06
Img_140a44b13dd846478a8d7aadc61b5b429aee161f
Img_2fc28577f2011256e03d9c810a22a4d7f9c791de
今日は午前中だけフキも出勤。
久しぶりに晴れたので
デッキにつないだら
さっそくお昼寝。
・・・っていうか、爆睡。(笑)
雨が降ってきたので
中に入れてやろうと思ったら
雨に濡れながらこの熟睡ぶりです。







しかもこの広々としたところで・・・。
犬にあるまじき無防備さ。
横に「天下泰平」と大書した看板を立てたいくらいです。(^^ゞ
ここは山の中なので虫がたくさんいます。
IGELKOTTの店内にも入ってきます。
ワタシは自慢じゃないけどとても「ドンクサイ」ので
普通のハエたたきでは、止まっているハエもたたけませんが
このハエたたきなら飛んでいるのでも仕留められます!!
飛んでいるハエの近くでこれをぶんぶん振りまわすと
どういうわけか偶然ハエに当たります。
ブラシの部分は柔らかいので、ハエは気絶するだけですが
その間に外に放り出します。
ハエだけじゃなくて他の小さな虫も、これでやっつけます。
ハチは反撃されるとちょっと怖いので
捕虫網で捕まえて外に出てもらいます。
Img_aefee56cf2d1330ac5249c8048fa839bbec9fcb7
Img_b7fefef3ee332f5c6a06f633f7dd132d0340458c
Img_d606272a459846db582d9e5180ac613584581fc9
ネコも天下泰平。
寝てます。
ここはバイト先のホテルの敷地内です。
ホテルのネコ・・・な訳ないから
ネコにしてみれば「よそのお家」です。
にもかかわらずこのリラックス。







店の窓越しに写真を撮ったのですが
ためしに外へ出て撫でてみると
「もっと~」とさらにひっくり返って
ゴロゴロ言い始める始末。

のんきなモンです。(笑)
手芸用品の新入荷です。
チロルテープの幅広でカワイイものが入荷しました。
写真のタイプは以前お試しでグリーンのを店頭に出してみたら
すぐに売れてしまったもの。
4色そろって少しずつだけど入荷しました。
テープとして長いまま使っても、もちろんカワイイし
モチーフひとつ分をワッペンみたいに使ってもカワイイと思います。
お値段はメートル単位で書きましたが
10センチから販売します。(*^_^*)

他にもトーションレースやボタンなど
いろいろ入荷しましたので
これからもときどき少しずつご紹介します。


Img_4f3f51288d47d01a7f179957f9d19fb110b48e45
チロルテープ 5cm幅 ¥714.-/m
Img_755b598407bbd9da05cd3ff210984b286644f926
さっき、夜10時半ごろ
自分の足をふと見たらこんな←でした。
ありゃ?
なんで違う模様なんやろ?
って、自分でまちがえて履いたにきまってますよね。(笑)
で、あわてて思い出してみる。

たしか夕方までは裸足だったな。
出かけるときにソックスを履いて、あのときまちがえたんだ・・・
でも出かけたときは靴を履いていたから、たぶんソックスはほとんど見えてない・・・と思う。
まっ、わざと左右違うのを履いてみたってことにしておこう。
見ようによっては、かわいくないこともないし・・・

1日の終わりに、思いっきり開き直っているのでした。(^^ゞ
新しく入荷したボタンです。
大きく写真に撮りましたが実際の大きさは直径1センチくらい。
ブラウスの小さなボタンにぴったりの大きさです。

ボタンはぜったい天然素材がいいと思っていたけれど、最近ちょっと考えなおしました。
人工の素材でも、デザインが自分の好みで、つくりがきちんとていねいであれば
雑に作ったいいかげんな天然素材のものより、ずっといいんじゃないかなぁ。
デザインによって素材の向き不向きはもちろんあるから
なんでもかんでも「自然の素材」にこだわるよりも
こだわるべきは自分の好みのデザインかどうか
そしてきちんと誠実に作られたものかどうか
ということのほうじゃないか、と思います。

というわけで最近プラスティックのボタンが気になっています。
今回入荷したのもプラスティックです。(*^_^*)
Img_4856f2b23e55a9695ed4687ae78b23588d4eeb9e
ボタン 1個¥84.-
Img_f23e60458aef8a69f9bec7f82d680ab96d31c7de
いままでもIGELKOTTでポストカードを販売させていただいていた
アトリエてがき (Click!) のべっきしょうこさんの新しい作品が届きました。
額に入った落ち葉のコラージュが2点と、キャンバスで作ったしおりです。
ポストカードと合わせて小さなコーナーを作りました。
べっきさんの作品はどれも静かな空気に満ちています。
作品から小さな小さな音楽がかすかに聞こえてくるようです。
コーナーはそこだけ、べっきさんの世界の空気がゆるやかにただよっているようです。

額 中央  「滴音」 右 「Bach buch」 いずれも¥9.975.-
Img_4a3db0bdbaba2e73ffcce36306db2e3b215645a6
先日ご紹介した新入荷のチロルテープ。
5センチ巾と書きましたが、もういちど計ってみたら4.5センチ巾でした。
でも、写真ではもっと細く見えたらしく
今日は来る人、来る人、みなさんが
「えっ、これってこんなに広幅だったの?!」とおっしゃるので
もういちどお知らせ。

このテープは4.5センチ巾です。

いっしょに映っている細いのが1.2センチ巾で
ごく一般的なチロルテープ。
「5センチ巾って書いたんだけど・・・」
「そんなの、いちいち読んじゃいないわよ!」(笑)
という会話を今日、何度したことか・・・
写真の撮り方にも工夫が足りなかったです。m(__)m
先日入荷したアトリエてがき (Click!) べっきさんの作品の中から
今日はしおりをご紹介。
油絵などを描くあのキャンバス生地でできていて
落ち葉で本を読んでいる人が描かれています。
その本の部分が窓になっていて
実際に本に挟んだとき、ちょっとだけ文字が見えるようになっていて
これを使って本を読んでいると、きっと楽しいと思います。
キャンバス生地はとてもしなやかで薄くて丈夫ですから、しおりにぴったり。

パッケージも凝っていて
メッセージを書いてプレゼントにできるように作られていますので
読書好きの方にプレゼントしても素敵です。
Img_d2af464db6790bb0f1319cfdae83d242e0643a5b
Si, au lit. スィ・オリ ¥1.575.-
Img_78bf271411749f36fb4647f3cd66b32d92057706
いつも言うのでワタシまわりの人々は「耳タコ」になっているようですが
食べ物ではチョコレート♪がいちばん好きです。
でも、ショウガもかなり高い順位で「好き♪」の中に入ります。
ショウガを使ったお惣菜も好きだけれど
ジンジャービスケットやショウガ糖など、お菓子も大好き。
ショウガの入ったお菓子は世界中どこの国にでもありそうなので
旅行のとき、スーパーマーケットのお菓子売り場で探してみます。
英語の表示のない国ではパッケージを見てもわからないので
なんとなくショウガっぽい(笑)感じのものを
あてずっぽうで買って食べてみたりもします。
当たり~ (*^_^*) のときもあれば
大ハズレ (-"-) ぜんぜん違う味のときもあります。
IGELKOTTのすぐ近くに風音というカフェがあります。
いつも車で通り過ぎるとき看板を見ているし
IGELKOTTに来てくださるお客さまからも
「オムライスがおいしいんですよ~」とお話は聞いていたので
ずっと行ってみたいと思っていたのですが
たまたまお休みの日だったり、営業時間が過ぎていたりで
なかなか行けませんでした。
で、きょうやっと、前を通りかかったらOPENの看板が!!
お昼をかなり過ぎていたので、ご飯ものは売り切れでしたが
鶏肉のフォー(ベトナムのおそばみたいなの)をいただきました。
おいしかったです!!
おいしいものは元気の素。
(とくに、人に作ってもらったのは、ね。)
元気の素がひとつずつ増えていくのはうれしいな。
次回は評判のオムライスをぜひ食べてみたいです。(*^_^*)
Img_81b00b992d66d0d50e87639c0e7ac5aa36cf992a
Img_e226a27716a71427ccaa345d89c31d089d73836b
小さな置時計はいつもはSHOPで使っています。
でも、海外旅行のときはたいてい持っていきます。
腕時計をしているし
アラームは携帯電話に付いているし
ホテルにもアラームのついたデジタルの時計があることが多いのですが
この時計を荷物の中から取り出して、ベッドのサイドテーブルに置くと
なんとなく、その部屋が自分の部屋になるような気がするのです。
おまじない(笑)みたいなものです。
国内でも、少し長期間のときは
まったく必要ないんだけど
持って行くときもあります。
Img_2e433697e54b893e1eb2bbe12faefe56ec04a057
金属ボタン 左より φ2.0cm¥200.-  φ2.2cm¥230.-  φ2.4cm¥220.-
金属ボタンのちょっとクラシックできれいなデザインのものが入荷しています。
厚手のジャケットやニットのカーディガンにとてもよく似合いそうですが
意外に軽くできているので、ボタンとしてではなく手作りアクセサリーの素材としても使えます。
ゴムを通して髪飾りに、という方、手持ちのバッグにつけてアクセントに、という方など
みなさんいろいろな使い方をボタンを見ながら考えていらっしゃいます。
こういうのって、あれこれ考えて選ぶときが楽しいんですよね。(*^_^*)
Img_4bfa2cd035c9d27f79150770748b6a23603f0076
今日、Wさんがかごや紙袋をたくさん抱えて
IGELKOTTにやってきました。
「今、あっちこっちでパンを買ってきたんだけど、よかったら少しいかがですか~?」
近くのパン屋さんを3軒回ってお買い物をしてきたそうです。
「わ~、おいしそう!!うれし~!!」
お言葉に甘えて少し譲っていただきました。
シナモンロールとチョココルネ、それからズッキーニ(!)のパウンドケーキ。
いながらにしておいしいパンが食べられて
シアワセ~。(*^_^*)
さらに夕方には和菓子を「たくさん頂いたから・・・」と持ってきてくださった方もいて
とても「ごちそうさま!!」な一日でした。
パンも和菓子も
たいそうおいしゅうございました!!
(↑このセリフ、狭~い範囲でちょっと流行。)

ここは地名が大泉町というだけあって
湧水もたくさんあるところで
その分湿気も多いようです。
そのせいか、白いはずのデッキが
ずいぶん黒くなってしまいました。
泥と苔とカビと・・・
いろんなものがくっついているようです。
梅雨も明けたことだし
一度きれいにお掃除することにしました。

が・・・

デッキブラシでゴシゴシこするのはけっこう力がいります。
「チカラシゴト」って最も苦手な分野です。(泣)

一度に全部やろうとするとしんどいので少しずつ・・・
ちょっとやっては休み
またちょっとやっては他のことをしたりして
昨日と今日とでこれだけ進みました。

もうちょっとがんばって
明日で全部片付けよう!!
Img_d93492f7c0624ff057bd12da5f61fbf9def7cdbf
昨日の朝
Img_b92e6f42c7bbf33d489c8c17e9449cf42176a923
今日の夕方
今日はいいお天気でとっても暑かった!! のですが、がんばってデッキのお掃除、完了!!
こんなの、力のある人だったらものの1時間くらいでやっちゃうんでしょうけど、非力のワタクシ、3日かかりました。(汗)
とちゅうで嫌になってくると
「失業したスモウトリ」とか「腹ペコのラグビー選手」とかが偶然通りかかって
アルバイトしてくれたらいいのにな~なんて考えながら・・・バイト代はもちろん、特大オムスビ(笑)

では、きれいになったデッキをごらんくださ~い!!
お掃除したワタシ、えらいでしょ?(自賛モード・・・)

追記
バイトは「練習好きのカーリング選手」も可。(笑)
Img_b9bba6f2fdd02a243b35c17dfdbb07475a4ca974
Img_30b1079405f80d51f8176fc1de63ad9629ab4c91
今日、バイトに行ったら
ホセの店 (Click!) が出ていました。
今年もジャムを買いました。
たくさんある中から
今年ワタシが選んだのはビワのジャム。
「ビワのジャムなんてちょっとレアでしょ?」と、ホセ。
たしかに食べたことないです。
食べたことのないものを見ると
つい手が出てしまいます。

夕方、帰り支度をしているホセに
「今日の売れ行きはどうでしたか~?」と聞くと
「絶好調!!」だって。
さすが明るいブラジル人!!(ウソです。日本人です。)
先日おかあさんといっしょに御来店のIちゃん。
色とりどりのカワイイボタンに興味しんしん。
「こっちのテーブルに広げて見ていいよ。」って言うと
さっそく、広げたボタンをきれいに並べはじめました。

この真剣な手つき。
カワイイでしょ?
並べ方もきちんと真剣そのものです。

写真には写っていませんが
となりでおかあさんもボタンを選んでいらっしゃいました。
母娘並んでボタン選び。
きっと将来はIちゃんもおかあさんに似た手芸好きの女の子になるのかな。

Img_716732faed7463c53e8a7688de4d818270a1ded8
Img_8cd5b954a1dc147e2aaae645e69f7ad648b9eb06
IGELKOTT入口階段わきにある
大きな植木鉢の風知草。
今年は昨年にも増して
ますます元気に葉を茂らせています。

コイツはどこまで大きくなるんだろう・・・
と思いながら
毎朝せっせと水をやっています。

いつのまにか「モリゾー」と名前もつきました。
・・・ワタシがつけたんですけどね。
だってそっくりなんだもの。(笑)

モリゾー、知らない方は検索してみてね。(*^_^*)
Img_ee34bc8c54a25d937405e2b76e713109f989c9b8
ランチバッグ ¥6.300.-
Img_278c2062d30430a5dd0162344c1a9dd9a1494104
A4ショルダー ¥7.350.-
Img_3923cd56b4e75fa2c90dad21790c1ab7329c5fa1
横長ショルダー ¥8.400.-
自分のスカートを縫うのに使った布がとてもよかったので、もういちど買い足してバッグを作りました。
フランスのインテリア用の布です。
南仏の雰囲気のストライプで、とても夏らしい楽しい色のバッグになりました。
持ち手を赤とナチュラルとどちらにしようか迷ったのですが、どちらも捨てがたかったので、ストライプの色の出方に合わせて両方作りました。
暑くて出かけるのがおっくうな日も、こんなバッグなら少しは楽しく元気に歩くことができるかもしれません。
Img_307aeb38405267053f9f25d49169bfb99483d918
Img_30d94ebbc990064f7e996962cee80436c6afe4e2
梅雨のあいだ雨に打たれて
表の看板のところの寄せ植えがすっかりしおれてしまったので
元気な子たちを残して植えかえました。
今回はワタシが好きな苗を買ってきて
Cちゃんに植えかえてもらいました。
ワタシが自分で選ぶと
なんだかとっても「地味!」ですが・・・(笑)
新しく入れたのは
白い細かい葉っぱのと
黄色い花の咲いているの。
「ヘンなもの、見つけてくるよね~」と笑いながら
植えかえてくれたCちゃん。
いつもありがと~!!



その「ヘンなもの」のアップがこちら。
別に花が散ったあとなわけではなくて
こういう花なんです。(たぶん・・・)
しかも葉っぱは銅葉っていうちょっと赤黒いような色。
花の名前は書いてなかったので
わかりません。
でも、こういうあまりハナハナしていない花、好きです。(*^_^*)
MELLOW GLASS という工房の、ガラスの作家さんの作品が入りました。
写真は吹きガラスの小さな一輪ざし。
ガラスをふいて
サンドブラストをかけて
ちょうどいい曇り具合にするために磨いて
エナメルで絵付けをして焼いて
最後に仕上げをして・・・
と、とても手間のかかる作業を経てうまれた
涼しげな小さなガラスの作品は
その作業のていねいさを映し出すように
やさしく柔らかな空気を漂わせています。
小さな野の花を一輪いれるのにとてもよく合います。

他にもパート・ド・ヴェールという手法で作られたガラスのお家など
いろいろ入荷していますので、ぜひごらんください。
Img_3d0a4c12bd45a34f7d3021e15a0adfec0d9725c9
吹きガラス一輪ざし 「景色 つぼ」 ¥4.500.-
Img_d42641f4a3c426af823570d188e92d4fa2c8fb97
SEGOVIA
昨日のdiaryのMELLOW GLASSさんの一輪ざしの写真が
うまく撮れなくて苦労したのですが
(苦労してもあの程度です・・・)
布でもうまく撮れなくて困るときがあります。
最近ではこれ。フランスのCASAMANCE社製SEGOVIAという生地。
←画像Clickで拡大できます。
ブルーグレーのとてもきれいな色のざっくりした麻地に
光沢のあるライトグレーのビスコースの糸で刺繍をしてあって
実物は品があってものすごく素敵な布なのですが
実物どおりに写真を撮るのがとっても難しい・・・(泣)
実物をご覧になった方はみなさん
この布はいいわね~って言ってくださるのですが・・・
写真ではあまりに伝わりにくいので
この布に限り、小さなはぎれですが布サンプルをお送りいたします。
ご希望の方はメールまたは電話でご連絡ください。

昨日、MELLOW GLASSさんのHPのご紹介をしなかったので
今日改めてご紹介。
こちらです。 (Click!) 
リンクのページからも飛べます。
ワタシの近頃の携帯電話の待受画面はこんなのです。
これ、携帯電話を開くたびに日常英会話でよく使う表現がランダムに出てくるんです。
出てきたところで「へ~・・・」とながめるだけで、覚えて使おうという気はまったくないので
何の役にも立っていませんが・・・

今日、バイトからの帰り、駐車場で車に乗って
さて、ボス(バイト先のオーナー、ね)に今日の報告の電話をかけて・・・
と思って携帯電話を開いたら、
いきなりこんなの→が出てきてびっくり!!(@_@)
持ち主に似て電話までチョコ好き?!(笑)

ちなみに英語では
"I'm dying to have some chocolates!"
だそうです。

この待受は「エイゴの時間」 (Click!) でダウンロードできます。
Img_872d60d4dcac7f4f8da3cd4571631189a78fbf0f
Img_5f600a8cf6a1c0ebaa43538d055186e6ec03cb31
なんだか分からないけど
無条件に好きな色の組み合わせって
誰にでもありますよね。
ワタシはこの色←です。
ブルーと茶色っていうのも好きだけど
このライトブルーと黄色っていうのは
鮮やかすぎて洋服なんかには使えないけれど
大好きです。
偶然、こんな組み合わせが机の上でできていたりすると
「おっ!!」ってわけもなくうれしくなって
ちょっとテンションが上がったりします。

MELLOW GLASSさんが
「納品した作品には、花を生けてもらってもいいですよ」
と言ってくださったので
ころんとまあるい小さな花入れに
7/24のdiaryで「ヘンな花」と書いた花を生けてみました。

この花の名前はスピランサス、別名「目玉おやじ」だって。(笑)
diaryを見た方がBBSで教えてくださいました。

この花入れも、サンドブラストをかけてから磨いた曇りガラスです。
光が当たると、その光がガラスの中に溜まって
ふわっと中から輝いているように見えます。
じっと見ていると、固くて冷たいはずのガラスが
柔らかい暖かいものに見えてくるのが不思議です。

今日の写真はクリックで少し大きくなりますので
よろしかったらこのガラスの不思議な感じを
大きな写真でじっくりご覧ください。
Img_4e1ac4729f996fceca83644d46b91a09ec3419bc
吹きガラス花入れ 「水石」 ¥3.150.-
Img_626da82ae0dc68d02af0e35014f262c70d656dd7
今日、閉店間際に来てくださった女性5人グループのお客様。
「ありがとうございました~」
「今度は娘を連れてきますね。」
と、お帰りになったのですが
駐車場でのお話が聞こえてきました。
「で、ここのお店の名前は何だっけ?」
「え~と、え~と・・・・」
「あ、ハリセンボン!!」
「あ~そうそう、ハリセンボンね。」

・・・・ハリネズミ です。(笑)
本日ご来店のOさんが
持って来てくださったクッキー。

「このお店、この道をず~っと行った先のほうの
畑の真ん中にポツンとあるのよ。
とってもおいしいから、おやつにどうぞ。」

このあたりには
そういう人通りの少ないところにぽつんとあって
おいしかったりカワイかったりするお店が
けっこうたくさん。
そういうお店を教えてもらって
探しながら訪ねていくのは
宝探しのようで楽しいです。
Img_fd5f338ac61621c59bfc3d0f08f161ef2060eee7