IGELKOTT handmade bags

Text Size : A A A
Img_cd41c2cef8ff49b5925b455ad73dfe94
ウィリアム・モリスの「いちご泥棒」の生地。
地色がライトブルーのものは
これまでもバッグを作るのによく使っていたのですが
お客さまのリクエストで
地色がブラウンのものを少しだけ仕入れました。
ライトブルーもかわいいけど
このブラウンもシックでとても素敵です♪
一年中お使いになるなら
むしろこちらの色のほうが使いやすいかもしれませんね。
バッグを作るのが楽しみです。(*^_^*)
Img_575102e91a71e86232c862c6d2faec0e
昨日の芋版の生地 (Click!) 
今日はバッグに仕立て始めました。
小さめのバッグを2個作っています。
表側ができたところで
内側の生地の色をどうしようか決めきれず。
写真左の淡いグリーンで内袋を作ってみたのですが
なんとなくしっくりこなくて
やっぱり右の濃いグリーンにしようかな〜と
あれこれ迷っているうちに時間切れ。
明日、濃いグリーンで作り直します。
Img_da43199ea1ace5b3bdf6d20ac6bf1184
バッグのオーダーがちょっと一息ついたので
以前からやってみようと思っていた芋版を
今日、やってみました。
手元にあった生地と布用絵の具とサツマイモで
とりあえずバッグ1個分。
ちっちゃな地球がいっぱい並んだみたいになりました。
とくに何も考えないで色をつけたんだけど
これって先日作った宝石石鹸と同じ色ですね。⇒⇒ (Click!) 
どうやら、この色が最近のワタシのブームみたいです。
明日にでもバッグを作ってみようと思っています。
どんなのができるか、楽しみ!



Img_5dd22069be2bc9ddbf781fb0c1b213a2
昨日準備していた機織り用の糸 (Click!) 
今日、経糸を張り終えました。
迷った末に結局、サーモンピンクは使いませんでした。
織ってみて、もし色がぼんやりしてしまったら
そのときまた考えることにします。
織り機は自宅にあるので夜だけしか作業できず
なかなか進みませんが
どんなのが織り上がるか、楽しみです。
織りあがったら、一部はバッグに仕立てようと思っています。
写真では糸の色が上手に出せていなくて
とてもわかりにくいですね。
たぶん、写真より実物の方がかなりカラフルです。(*^_^*)
Img_c08245dcd85f625e47fc5c060390d37d
機織りの準備に糸を用意しています。
経糸(たて糸)は一度張ってしまうと変更はできないので
よ〜く考えないとあとで困ったことになります。
今、用意している糸は写真のような組み合わせ。
こういう淡い暖色系ってあまり作ったことがないのですが
手持ちの糸だけで組み合わせてみたらこうなりました。
あまり使わないからたくさん残っていたのでしょうね。
右下のほうの少し濃いめのサーモンピンクみたいな色を
入れようかやめようか、ちょっと迷っています。
入れたらその糸だけ浮き上がっちゃう気もするし
これがないとぼやっとしてつまらないようにも思うし・・・
どうしようかな。
Img_0ede84fec9c0a466896697eea9f28132
この時期、バッグ用の生地の仕入れはあまりしないのですが
どうしても気になる生地を見つけたので
1mだけ仕入れてみました。
花瓶に入った花柄の総刺繍の生地です。
思ったとおりかわいくて素朴で、でも華やかで
とてもいい感じなのですが
思った以上に柄が大きい!!
注文するときから、データを見て大きいな〜と思ってはいたのですが
届いてみると、想像していたよりもさらに大きくて
ちょっとびっくり。
でも、バッグになるとまた感じががらっと変わることもあるので
作ってみるのがとても楽しみです。(*^_^*)
Img_dc00639e38af3afc4f2cc459f2993698
仕事で使っているアイロンの調子が悪いです。(>_<)
アイロンはバッグを縫うときに
ミシンとおなじくらい大事な道具なので
ある日突然故障して使えなくなるととても困ります。
なので、ここ数日
壊れるまえに新しいのを買おうかどうしようかと迷いながら
調子の悪いアイロンをおそるおそる使っています。
これはいつ買ったんだったっけ?と保証書を取り出してみたら
2010年8月購入でした。
ちょうど7年かぁ。
たとえメーカーに頼んで修理してもらえたとしても
新しいの買うのと同じくらい費用がかかるんだろうな〜。
どうしようかなぁ。
Img_0adcd5194cc549d8bbd5e320c150f7ac
先日このdiaryで話題にした新しい織りネーム (Click!) 
今日から使い始めました。
写真右が今までのもののラスト。そして左が新しいもの。
どちらも手書きの文字ですが、新しいのは少し小さめなので
バランスを考えて細いラインにしました。
記憶も記録も不確かであやふやですが
たぶんこれが6回目の発注だと思います。
なのでこの新しい織りネームがたぶん5001枚め。
バッグをお買い上げくださったたくさんのみなさまのおかげで
ここまで作り続けることができました。
この1000枚もちゃんと使い切ることができるといいな。
これからもIGELKOTTを
どうぞよろしくお願い申しあげます。m(_ _)m
Img_6b8d501c18a5ba272ff3edf089e8c1dc
昨日東京で、デジタルテキスタイル講座というのを受講しました。
インクジェット方式で生地にプリントするための図案データを
コンピュータで作る方法についての講座です。
ややこしかった〜!!(笑)
苦手分野ですからね。仕方がない。
でも、意図した色に近づけてきれいにプリントできるデータを作るコツを
ちょっとはわかった・・・ような気がします。
ちゃんとできるかどうかは、いちどひとりでやってみないとわかりませんが。
で、講座のなかで1m、生地のプリントをしてもらえます。
以前、シルクスクリーンで作っていた「なんちゃってルーマニア」を
プリントしていただきました。
久しぶりにこの柄を見ました。
やっぱりこの柄、大好きです。・・・自画自賛。
Img_59eee1ab4e7c6f960108149fade03f8b
バッグにつける織りネームのデザインを変更しました。
で、発注したものが今日届いたのですが
ワタシが発注ミスをしたらしく
テープ状のロールのまま届いてしまいました。
一枚ずつ切り離して真ん中で二つ折りにした状態で
届くように発注したつもりだったのに・・・
切って折ってアイロンをかけるくらい
たいしたした手間じゃないけれど
1000枚だからこれから2年以上使うのです。
2年間これをやるのか・・・(>_<)
あ〜また余計な仕事を増やしてしまった〜。
8周年記念日が過ぎたあとの9年目は
こんな失敗から始まりましたとさ。(^_^;)