IGELKOTT handmade bags

Text Size : A A A
Img_d74d374321678d3177bc504ff99d5ff2
今日は彫金教室。
先週の輪ゴム (Click!) の続き、完成しました。
ちゃんとブローチになりましたよ〜。*\(^o^)/*
色と素材が違うだけで
もうぜんぜん輪ゴムには見えない!!
あいかわらず難しいところは
ぜんぶ先生にやってもらってます。(^_^;)
さっそく教室で洋服につけて
ゴキゲンで帰ってきました♪

この写真だと大きさがわからないので
つけたところの写真も。
けっこう大きいです。
でもとても細いので
肩幅狭いワタシがつけても
あんまり大げさにならないです。
そしてなにより、軽いので
きっと使いやすいはず。(*^_^*)
Img_3a05fee237984194aa6a44a173baed59
Img_2cb71c25e892bc1992e1f8edda2586a3
マルシェも終わって
ちょっと気持ちがほっとして
今日は彫金の教室に行きました。
なんと数年ぶり。
で、作ったのは写真の緑色の輪っか。
輪ゴム。
・・・ではなくて
ほっそーい輪っかのブローチの型を取るためのワックス型。
この言いかたでいいのかなぁ。
ワックスが緑色なので
輪ゴムにしか見えない。(笑)
大きさもちょうど輪ゴムくらいです。
Img_c3d3b05d934fd5d1accb29a7d02a2bb7
Img_2a62fe71b43693fe021aaa570d2a4563
Img_58e66fe447ecccd7bce4f62306f0bf57
マルシェの準備でてんやわんやなのですがちょっと息抜き。
蜜蝋ラップというものをインターネットで見つけて、なんだか作れそう・・・と思ったので作ってみました。
自宅にあった残り物の蜜蝋をピーラーで削って、適当なコットン生地のハギレの上に置いて
上下をクッキングシートで挟んでアイロンをかけると蜜蝋が溶けて布に染み込む。
ちょっと冷ますと出来上がり。以上です。カンタン♪
・・・ですがどれくらいの量の蜜蝋を染み込ませるのが最適なのかがわからない。
実物を見ていないですからね。
でも、なんとなくこんな感じのものだな、というのはわかりました。
ところで。
よく考えてみたら、そもそもお皿にラップして冷蔵庫に入れるということをあまりしないのでした。
タッパーとかに入れ替えちゃうから。
ってことはこれ作ってもワタシはあまり使わないかな。
大きい布だと、野菜とかを包んでおいたりするには良いかもしれません。
それよりもこれは初めから袋として作ったらどう?と思ったのでそれも作ってみました。
・・・パラフィン加工の布で作ったのと同じ感じでした。あたりまえでした。蝋だもの。(^_^;)
販売されているものは蜜蝋だけじゃなくホホバオイルなどを加えて品質を向上させているようです。
蜜蝋ラップの紹介サイト、たとえばこちら。⇒ (Click!) 
Img_255a181237e026a7686c7a2e37d8407b
Img_e1000d38da78a8032b7536b723266e0b
**********
風のマルシェvol.12
5/12(金)〜5/14(日)
長野県諏訪郡富士見町 富士見高原
カントリーキッチンにて開催。
詳しくは
風のマルシェFacebookページ (Click!) 
風のマルシェブログ (Click!) 
をご覧ください。
**********
Img_04d3965f93e5f6f4ae4d8a57c90f43b7
Img_0e0bd71779d75d1709b05b6c22fd67d9
Img_1f6b7469e962f8ce9d7c7654f264cca1
今日は終日DVDをお供に、一昨日から始めたダーニングの続きを。
ダーニングって思ってたよりずっと時間がかかるんですね〜。
一昨日のを含むとDVD3枚観終わったところでやっと小さいバッグひとつぶん完成。
生地の色を変えてふたつめに差し掛かりました。
借りたDVDを全部見終わるまでに、手仕事どれだけできるかなぁ。
ダーニングはとりあえず今やってるのができたらひとまず終わりで、つぎは別のものに移る予定です。
DVDはまだまだたくさんあるから、あと数日は手作業が続きます。
ダーニンブのバッグも早く縫ってどんな出来上がりか見たいけど。
Img_23e93340441434a893a6fd2f65c07b10
先日買ったダーニングマッシュルーム (Click!) を使って
ダーニングにやっと手をつけました。
使う糸によってちょっとずつ表情がちがって
なかなかおもしろいです。
机に向かっての単純作業なのでPCの画面で映画を見ながら。
ずーっと昔に映画館で観た映画をレンタルサイトで見つけたので
これ、へんな映画だったな〜、と借りてみました。
ひさしぶりに観てもやっぱりへんな映画でした。
でも、好きなんですけどね。(笑)
DVDたくさん借りてあるから
明日から当分のあいだは、それを観ながらせっせと手仕事です。
Img_e8e13388da59266bf41bda309a4e61cf
Img_07fbada829e0a1c6235c151555f76181
先週編み始めたモノ (Click!) は、とびのセーター。
意外に複雑なカタチで、ゆっくりやってるとワケがわからなくなりそうだったので、週末に一気に完成させました。
参考にした本はこちら。⇒⇒ (Click!) 
掲載デザインが全部かわいいので、初めは本に載ってるのをそのまま編むつもりだったのですが
自分の犬を採寸して製図できるページがあったので、手持ちの糸を生かしてオリジナルで作りました。
編んでみて、犬ってこういうカタチなんだな〜ってはじめて知りました。
ニンゲンとはぜんぜん違うんです。あたりまえですけど。(笑)
編みあがったセーターは、ナンジャコリャ?みたいな摩訶不思議な形になりましたが
着せてみるとこれでちゃんとフィットするんです。おもしろいなぁ。
いや〜、おもしろかった〜!!
でも、とびってふだんは、はだかんぼで、セーターなんてたま〜にしか着せないので
もう、当分は編まないけど。(^_^;)
Img_79539f25882b5be7aab55c3fd7c28f9a
Img_56db37769acfba2ac8faf3e25dc0945a
Img_c5a12399f2c154118c2508f2204dce01
ひさしぶりに編み物をしてみました。
たぶん2年ぶりくらいです。
そしたら、棒針がケースごとごっそり行方不明で
どこに行ったのかわからない。(^_^;)
しかたがないので輪針を使って編んでいます。
輪編みだけじゃなくて平面に編むときもぜんぶ輪針で
というひとも最近は多いようなので
真似してやってみましたが
やっぱりわたしは棒針のほうが好きかな〜。
仕事の合間にちょこちょこ編むだけなので
いつになったらできるのかわかりませんが
まずは明日、棒針をなんとか探し出そう。
Img_d806088213d3791587d9d2beaf15581d
先ほど、八ヶ岳に帰り着きました。
今回いちばんうれしかったお買い物は
布博の会場で手に入れた古いダーニングマッシュルーム。
イギリスのものだそうです。
ダーニングはヨーロッパの伝統的な衣類繕いの手法で
ダーニングマッシュルームはその道具です。
べつにわざわざこれを買わなくても
その辺にあるものでいくらでも代用できるし
新品の道具も売ってはいるのですが
そこは古い道具偏愛の呪いがかかっているもので
古いのを高いお金を出して買ってしまう・・・(笑)
ダーニングの方法のパンフレットも手に入れましたので
そのうちやってみようと思います。楽しみ〜♪
Img_cb5bcaeb8fc87708ae1776d338941fbb
昨年暮れにもチャレンジしてちょっとだけ作ったのに
今年のいろどり展のワークショップのときには
すっかり忘れてしまっていて
もういちどおぼえなおした水引細工の梅結び。
こんどは忘れないように
いろどり展が終わったあとも隙間の時間にちょこちょこ作りためて
小さなお正月リースができました。
あわじ結びと梅結び、それから玉結び。
水引がいっぱいあったので、リースの台までぜんぶ水引です。
これだけ作ったらもう、忘れないかなぁ。
このミニリースはいろいろお世話になったかたへのプレゼント用。
まだ年末までに終わらせたいバッグの仕事が終わってないから
自分用のは、たぶん間に合わないな〜。
Img_baf57732bf2c70f9ade777b3e3493a6a
昨年の6月、甲府のプルプサンパさんのワークショップで作った
数字の「6」のリース。 (Click!) 
色々なかたにお褒めいただき、自分でもお気に入りで
IGELKOTTの店内にずっと飾っていたのですが
シロウトの作ったものなので
1年半も経つと留めていたワイヤーやグルーが緩んで
なんとなくだらしなくなってきました。
ずっと気になっていて
「いろどり展」が終わったらなんとかしようと思っていたので
昨夜全部分解して、今度は「8」に作り替えました。
前より少し小さくなりました。
パーツの色もかなり退色して最初より華やかさが減りましたが
これで来年6月の8周年くらいまでは、なんとか飾っておけるかな?